風俗タウンページ

スマートフォン版はこちらのQRコードから!

QRコード
  1. 初めて派遣型風俗を利用するときの心構え

初めて派遣型風俗を利用するときの心構え

利用したい風俗がデリバリーヘルス等の派遣型のお店の場合にいくつかの心構えを書きたいと思います。派遣エステや性感マッサージも共通する事が多いので参考にして下さい。

予約の申込み時に大切な事

最近ではファッションヘルスやソープランドの様な店舗型風俗店でも来店前に女性を指名して予約をする事が一般的になってきましたね。派遣型風俗の場合もまず最初に実行する手順としてお店に予約する事から始まります。最初のステップの予約の時に気をつけてもらいたいのは、何分のコースを予約するかという事です。

風俗店を検索する時に失敗しないコツにも書きましたが、最初に短めの時間を予約をした場合、プレイの途中で延長したくても出来ない可能性があります。女の子が自分の後に指名が無ければ延長可能になるのですが、もし他のお客さんの指名が入ってしまっていると延長が不可能になってしまいます。予約の時には予め長めの時間設定のコースを選んだ方が無難です。

指名する女の子がどのようなオプションプレイが可能かという事も注意深く見ておく必要があります。女の子によっては、特定のオプションプレイが出来ない場合があるからです。例えばAさんという女の子は可能だったオプションが、Bさんはそのプレイが不可能の場合があるので、プロフィール欄で確認しておく方が良いでしょう。

自宅に呼ぶ?それともホテル?

派遣型風俗店から女性が来る場合、ビジネスホテルに派遣されてくるケースが一般的です。お店によっては自宅に派遣してくれる所もあります。地元に住んでる男性客はわざわざビジネスホテルの部屋を取らずに、近くのラブホテルか、自宅への派遣を依頼します。

自宅に来てもらう方が一番安上がりですが、初めて利用する人にとっては自宅の住所を知られたくないと思うと思います。何回もそのお店を利用してリピーターになっている状態であれば、自宅に呼ぶことも不安は無いと思いますが、最初はラブホテルに派遣してもらう事をオススメします。

どこのラブホテルにすれば良いかは、お店の人に聞くと最寄りのホテルを教えてくれます。近い場所の方が交通費も安いです。遠い場所のホテルを選ぶと想定より交通費が高額になってしまう事もあり得ますので、気をつけて下さい。

ビジネスホテル(シティホテル)を利用する時のアドバイス

出張先で派遣型風俗を利用する場合は普通のビジネスホテルに宿泊している事があります。もしビジネスホテルの宿泊先でデリヘル等を呼ぶ場合は、ホテル自体が、入り口からフロントを通らずに部屋まで行けるホテルを利用して下さい。例えば、フロントが2階や3階にあるホテルだと、1階のエレベータから直接高層階の部屋まで直行できます。

フロントの前を通らなければいけないホテルだと、スタッフに声をかけられて宿泊者以外の人が部屋に行くことを拒否されてしまう事があります。こうなるとデリヘル等が利用出来ないので、部屋まで直行出来るホテルか、逆に規模の大きなホテルでフロント近くを通っても毎回確認されずに済む様なホテルを予約する事をオススメします。意外と見落としがちな事なので注意して下さい。

ビジネスホテル予約の際に、両隣の部屋に宿泊者がいない部屋に変更をお願いする事も推奨します。ホテルの部屋の壁は意外と薄いので、隣の声が聞こえてしまいがちです。風俗を楽しんでいる時に声が隣に聞こえてしまうと、恥ずかしくて集中できないので、出来れば両隣が空室である部屋を予約出来れば気兼ねなく声も出せるでしょう。

風俗嬢が来たら

指定の時間にラブホテルの部屋で待っていると、指定していた時間にチャイムがなります。扉を開けると女性一人と男性一人の計二人がいると思います。初めてのお客さんには、男性マネージャーが付き添いで来る場合があります。これは規約の説明や、会員制のお店の場合に入会手続きをしてもらう為です。

会員制ではない風俗店の場合は、いきなり女性一人で来る場合もあります。女性自らお店の規約等を説明してくれるでしょう。この時に出来るだけリラックスする事が必要です。緊張していると、その重たい雰囲気が女性にも伝わって微妙な雰囲気になってしまいます。

入会手続きしても大丈夫?

派遣型風俗店は会員制を採用しているお店が比較的多いです。これは不特定多数の人を相手に商売をしなければいけないので、相手の身分の情報をある程度把握しておきたいのです。トラブルの防止にも繋がるし、会員割引等やイベントのお知らせ等の情報発信もしやすく、お店にとってもメリットが多いのです。

個人情報の漏洩が心配になると思いますが、名前と電話番号、メールアドレスくらいなので、住所までは書かなくても大丈夫だと思います。会員登録後に営業電話などの心配も基本的に無いでしょう。お客様に嫌がられる事をしていたら商売が続かないので、お店の方もその辺りはわきまえています。

一緒にシャワーを浴びるには理由がある

入会手続きや一通りの説明が終わったら、女性と一緒にシャワーに入ります。この時に風俗嬢が体全部を洗ってくれます。この時に、男性の大事な部分も丁寧に洗ってくれるのですが、このサービスの裏には「男性が性病感染していないかを目で確認する」というミッションが含まれているのです。

女性は男性器を洗いながらさりげなく確認しているのです。もしこの段階で明らかに性病の症状が出ている場合は、行為を拒否されるでしょう。男性器に問題が無ければ、そのままフェラチオのサービスをしてくれる場合もあります。楽しく良い雰囲気を作ることが出来れば喜んでしてくれるでしょう!

プレイ時間に気をつけよう

話が盛り上がっていつまでもシャワーを浴びなかったり、シャワーの後でモタモタしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。100分コースを予約した場合でも時間が短く感じます。トーク10分、シャワーも10分程で済ませた方が良いです。

射精までの時間が長い人は、緊張していることも併せて発射するまでに予想以上に時間が掛かる場合があります。残り時間が少なくなってくると、時間ばかり気になってしまって集中できないケースもあり得ます。初めての風俗の場合は時間に余裕を持った時間設定にして下さい。

コンドームは付けるべき!

避妊具を装着しない方が快楽が大きいからといって、コンドームを付けないで風俗嬢と遊ぶにはリスクがあります。定期的な性病検査を行っている風俗嬢は多いですが、油断大敵です。風俗嬢の方も男性にはコンドームを付けて欲しいのが本音ですが、「生リップ」という避妊具を付けずにサービスするコースが人気が高いのです。

性病に感染してしまったら、自分の恋人や奥さんに迷惑が掛かってしまいますし、風俗遊びがバレてしまいます。出来る事なら初心者の方は、生リップ以外のコースで楽しむ事をオススメします。

プレイが終わったら

終了時間の5分前にはプレイを終わらせる必要があります。時間ギリギリまでプレイしていると時間がオーバーしてしまいますし、女性に次の指名が入っている場合はお店にも迷惑が掛かってしまいます。終了時間と同時に部屋から退出できるようにサポートしてあげる事が大事です。

気分が高揚している時に女性と別れるのは寂しいかもしれませんが、そこはグッと我慢して笑顔で見送ってあげて下さい。もし2回目以降に同じお店で同じ女性を指名してあげれば、とっても喜んでもらえるでしょう!風俗の世界を是非楽しんで下さい!