風俗タウンページ

スマートフォン版はこちらのQRコードから!

QRコード
  1. ボッタクられない方法

ボッタクられない方法

遊び慣れしてない人が何の下調べもしないでフラッと風俗街に行って、失敗したエピソードは多々あります。このページでは、風俗初心者の方がぼったくり被害に遭遇しない為のアドバイスをさせて頂きます。初めて行く場所では特に必要な知識を書きました。

行く店が決まってないなら、風俗専門誌をチェックする

遊び慣れている人は、風俗情報誌には「ぼったくり」のお店は載っていないことを知っています。今までは健全に経営してきたお店が突然ボッタク店に変わったり、新しいお店の広告を掲載したら、それが実はぼったくり店だったというケースもゼロではありませんが、基本的にぼったくり被害にあう様なお店は載っていません。

スポーツ紙や週刊誌等に掲載されている風俗店の広告はチェックが甘いので、時々ぼったくり店が掲載されてしまう事があります。出来れば専門の風俗情報誌だけを参考にした方が良いと思います。

案内所を活用する

賑やかな風俗街には大抵の場合、「案内所」がある所が多いです。情報誌よりは掲載されている店舗数は少ないですが、行くエリアがはじめから決まっているなら有効な方法です。雑誌には掲載されていないけど、案内所では写真が見ることが出来る女の子も沢山います。案内所で紹介されているお店を選べばぼったくり被害に遭遇する事は皆無だと思います。

初心者は有名な歓楽街では特に気をつけよう

ぼったくり被害に遭う人は、有名な歓楽街に初めて来る人が多いです。ぼったくりは一見さん相手の商売なので、観光客や出張ビジネスマン、酔っ払い等がターゲットになります。地元の人しか来ないような場所でぼったくりをやっても、すぐに悪評が広がり、お店が潰れます。

比較的地味な歓楽街で遊んだ方がぼったくり被害に遭う確率は低いのです。全国的に有名な歓楽街のぼったくり店の客引きは、歩き方や視線を見るだけで「このエリアには初めて来たかどうか」を見分けることが出来ます。ぼったくり店の客引きのターゲットにならない様に気をつけて下さい。

女の子の写真を見せてくる客引きには気をつける

有名な歓楽街でかつて流行した方法で、有名店の人気風俗嬢の写真を手に入れて道行く男性に見せながらお店に誘います。もちろんお店にはその様な可愛い子はいなくて、最後はぼったくり被害に遭ってしまうケースが多くありました。

写真を持っている客引き全てが怪しいわけではありません。見分ける良い方法がひとつあります。それは客引きをしている人が、自分のお店の前にいるかどうかです。ソープランドや有名ファッションヘルスのお店の前にはボーイと呼ばれる男性スタッフが立っていて、女の子の写真を見せる事もあります。このようなケースはぼったくり被害には遭わないでしょう。逆にお店の前と違う場所で客引きをしている場合は要注意です。

「○○円ポッキリで遊べます!」の言葉に注意

ぼったくり店ではなく、普通に営業しているお店のボーイに料金を聞いた場合、「二十分で5千円、四十分で9千円、五十分で1万円で指名料は別途二千円です。」と答えるのがスタンダードだと思います。ぼったくり店の客引きは良く「ポッキリ」という言葉を使いますので、この言葉が出たら注意しましょう。

普通に営業しているお店のボーイさんも「ポッキリ」という言葉を使うケースもありますので、全て否定する事は出来ないですが、この言葉が出てきたら念のために細かな料金説明があるかどうかを聞くことが必要になるでしょう。

必要最小限の現金のみを持ち歩く

知らない歓楽街で風俗を楽しみたい場合は、財布を駅のロッカー等の別の場所に移して最小限の現金のみをポケットに入れて行動するべきです。もし不覚にも、ぼったくり被害に遭ってしまった場合でも最小限に被害を抑えることが出来るからです。

財布の中にクレジットカードやキャッシュカードが在る場合、より高額な金額を請求してクレジットカードを使わせたり、ATMで現金を引き出させて少しでも多くお金を取ろうとしてきます。遊び慣れしている人は知らない繁華街に行く場合は、財布は持たずに必要な現金だけを持ち歩いている事を理解しましょう。