風俗タウンページ

スマートフォン版はこちらのQRコードから!

QRコード
  1. アジア・外国人について

アジア・外国人について解説

外国人女性がいる風俗店は人気がある

日本は世界的に見ても物価が高く、賃金も高水準なので世界中から日本でお金を稼ぐ為に来日してくる外国人がとても多い国です。その中で外国人女性の一部は風俗店で働く事を選びます。隣国の韓国や中国はもちろんの事、フィリピンやタイ等の東南アジアからもお金を稼ぐ目的で日本でデリバリーヘルスピンサロ等で働いています。

ロシアやウクライナ等の東欧、スウェーデン等の北欧出身女性も日本人男性からの人気が高く、白人専門の風俗店が増えています。ハーフ専門店や黒人女性が多く在籍しているお店もあります。普段の生活では外国人と接する機会も少ないですし、ましてやエッチをする機会も殆どありません。日本人男性の一部は外国人、特に白人女性とセックスする事に憧れを持っている人が多いそうです。

日本人女性とは全く違って、リアクションや感情表現が豊かでとてもエキサイティングなセックス体験が出来ると評判なのです。さらに最近の金髪系美女が在籍しているお店のホームページを見ると、顔にモザイクが一切無い写真が多く、とっても美人でグラマラスなブロンド美女を指名する事が出来るのも魅力だと思います。

アジア系のお店はリーズナブル

外国人女性がいる風俗店は主にアジア系(韓国や中国、東南アジア等)と白人系(欧米)、黒人系に分かれています。アジア系のお店の場合はリーズナブルな価格設定のお店が多く、逆に白人系や黒人系のお店は少し高い料金設定になっている場合が多いです。

アジア系の女性にとってみれば、安い価格でも自国の通貨価値に置き換えればとても高額な報酬を得ることが出来るので、お店の価格を低めにしてもそこで働きたい女性を沢山集めることが出来ます。逆に欧米出身の女性はアジア系よりも自国の物価が高いので、それなりの高額な報酬を求めています。そうなると必然的にお店の料金も高めに設定しなければいけません。

避妊具の必要性

東南アジアや欧米でも最近は性的接触による性病感染が増えています。特にエイズ(HIVウイルス)感染が世界的な課題になりつつあります。日本国内でもこのような性病の蔓延が深刻で、コンドーム等の避妊具を使用しないで不特定多数の異性と性行為を行い感染し、その感染者がまた違う異性との接触によって相手に感染させるという悪循環に陥っています。

基本的に風俗店で遊ぶ場合は出来る限り避妊具の使用を検討してみて下さい。外人女性に限らず、日本人女性を相手にしても同様に慎重になる必要があります。優良な風俗店では定期的に性病検査を実施していますが、全く検査を実施していないお店もあるようです。特に不法滞在等で日本の風俗店で働いている外国人女性がいるお店は注意が必要でしょう。

HIVウイルス以外にも、梅毒、淋病、カンジダ、クラミジア等の性病が増加傾向あります。自覚症状があまり無い場合もあるので、症状が出ていないからといって安心してはいけません。感染しても発病までに潜伏期間があることも知識として知っておく必要があります。

欧米では陰毛の処理している人が多い

洋物のアダルトビデオを見た事がある人はなんとなくお分かりかと思いますが、白人女性の多くは陰毛を処理していて、いわゆる「パイパン」状態です。これはビデオの世界だけでなく、一般的にみなさん陰毛処理をしているそうです。

これは欧米の価値観の中で「陰毛をそのままにしている事は不潔」という価値観から由来します。女性に限らず白人男性も同じ様にパイパン男性が多いです。もし白人女性とエッチする時は驚かないで下さいね。もしかしたら男性側も予め陰毛を処理していれば、逆に清潔感があると相手から喜ばれるかもしれません。

英語をしゃべる事が出来れば有利

日本の風俗店で働いている外人の多くは、一定のレベルの日本語が分かります。しかし必ずしも理解できていない人もいます。その場合はコミュニケーションが円滑に出来ない事によって、折角高いお金を払っているのにイマイチ盛り上がらない場合も考えられます。できれば男性の皆さんはある程度の英会話が出来る様に勉強した方が良いと思います。ちゃんとコミニュケーションが出来ればお互いに感情表現が出来て、気持ちも盛り上がると思います。

関連用語