風俗求人.COM

スマートフォン版はこちらのQRコードから!

QRコード
  1. 熟女や人妻も働ける環境

熟女や人妻も働ける環境

既婚者や30代、40代のオバサンでも今の時代は確実に風俗店で働くことが可能になっています。ここ数年は熟女専門店や人妻専門店が増加傾向にあるのです。一昔前まではあまり需要が無かった高い年齢層の女性でも高額な報酬を得ている風俗嬢も沢山います。

熟女は何歳から?

一般的に熟女というイメージは30代後半以降の女性達をイメージします。しかし風俗の世界では20代後半から熟女という概念も存在します。20歳前後の女の子が主流の世界なので、30歳近くなるともうオバサンといいわれても仕方のない世界なのです。

現在この熟女のマーケットは風俗市場全体の10パーセントあるといわれています。昔は5パーセント前後だったんですが、近年徐々に増加しています。店舗型のファッションヘルスでも10軒に1軒は熟女専門ヘルスがあります。人口の少ない地方都市の場合だと、もう少し割合が低くなってしまいます。都市部よりもバレやすいので、働く既婚者を集めにくいという事情があるからだと思われます。都市部にある熟女専門店は札幌や名古屋、横浜や大阪などでは大変繁盛しているお店が多く存在しています。

熟女や人妻専門店で働くメリット

最近流行の「若妻専門店」というお店を独自に調べてみたところ、在籍している半分以上が独身者だったという事がありました。そのお店の店長に取材して聞いたところ、本当は独身なのに既婚者として働かせているお店が殆どのようです。男性の性的欲求のひとつに「人の妻を寝取る」という願望があるらしく、「人妻」という看板を掲げればお店の人気が高くなるんだそうです。

上記の結果を考えてみると、実際は結婚していない独身女性でも既婚者としてそのお店で働くことが出来るのです。人気店なので、お客さんの指名もそれなりにあるし、店外デートや本番行為の強要を断りやすいというメリットもあるのです。「店外デートしている最中に主人や友達に見られたら困る」とか、「本番行為で妊娠したら家庭崩壊になるし、男性側にも損害賠償の可能性があるから」などと言って容易に断ることが出来るでしょう。

本当に結婚している人妻や30代以降の熟女達は、お店で働きながら純粋にエッチを楽しんでいる人も多いようです。お金も稼げるし、旦那さん以外の人とアブノーマルな体験が出来るので、自ら進んでお店の面接を受けに来る既婚者が増えているそうです。結婚して何年も経つと、夜の性生活もマンネリ化するので不特定多数の男性とエッチな行為にハマってしまう女性もいます。

ホームページを持っているお店でも、人妻専門店は顔写真を載せなくても許されるケースが殆どなので、プライバシーが守られることもメリットです。20歳前後の若い女性ばかりのお店だと、ネットでも顔写真を全て公開するお店もありますが、人妻専門店であれば大丈夫です。このように色んなメリットを教授できるのが人妻・熟女専門店なのです。