風俗求人.COM

スマートフォン版はこちらのQRコードから!

QRコード
  1. これから風俗で働こうとしている人へ

これから風俗で働こうとしている人へ

やる気さえあれば、今がどんな職業に就いていようが誰でも風俗嬢になれると思います。年齢についても10代や20代に限らず、40代や場合によっては60代の女性が風俗の世界で働いている事もあります。このページでは実際に普段はどんな仕事をしている女性が風俗の仕事をしているのかを分析しています。

多くの風俗嬢は昼間の仕事もしている

殆どの風俗嬢は、普段昼間の仕事にも就いています。どんな仕事が多いかといいと、洋服の販売員さん、デパートガール、受付嬢、事務職などが多いです。販売員さんは月給も少ない会社が多くて、自社ブランドの洋服を着て接客する事を強いられるので、洋服の自腹購入代が多く掛かります。人によってはローンで購入したりするので、生活がどんどん苦しくなって仕方なくアルバイトとして風俗の世界に足を踏み入れるパターンになるようです。

デパートガールや受付嬢、それに事務職は比較的勤務時間や定休日がパターン化されているので、自分のスケジュールを組み立てやすい立場になります。そのような空いている時間帯に風俗のバイトをしている人も以外に多いです。昼間の給料もそれほど多い職種ではないので、一人暮らしをしている女性だと生活が厳しいので、風俗業との兼業をしているのです。

大学生でも、普通のアルバイトではなく風俗店で働く人もいます。若いと指名してくれる人も多いし、学生専門店というセールスポイントで経営しているお店には男性ファンの固定客が付いているので、指名本数も多くなり、自然と報酬も多くなります。

上記で書いた職種以外にも公務員が内緒で働いていたり、看護師さんが実際に風俗で働いている場合も稀にあるようです。このように若い学生さんから清楚なデパートガールやオシャレな販売員さんの中にも、こっそり風俗アルバイトをしている人が確実にいるのです。これを読んで頂いたみなさんの周りにも、ひょっとしたらいるかもしれませんよ。

面白いエピソードをひとつご紹介します。夜はファッションヘルスで働いている女の子がいて、その子の昼間の仕事はオフィスビルの受付嬢をしていました。ある日受付嬢としてカウンターにいると、見覚えのある男性が近づいてきました。よく見ると働いているファッションヘルスで接客した男性だったのです。その男性はその会社のビルに入居している会社の社員だった事を知った女性は受付の仕事を辞めてしまったのです。何が言いたいかといいと、普段多くの人目に付く仕事をしている人が風俗も兼業することはそれなりの覚悟が必要だということです。

他の仕事はしないで、風俗業一本で仕事が出来る人

売れっ子になると、昼間にOLとして一所懸命働いて得られる報酬とは何倍も多くのお金を稼ぐことが可能になります。売れっ子になると昼間の時間帯も風俗店で働くことになるので、必然的に昼間の仕事は出来なくなります。毎月100万円以上のお金を手にすると、OLなんてバカバカしくてやってられなくなります。

逆に風俗一本でやっていこうとしている女の子でも、指名が少なかったりすれば報酬は普通のOLよりも少ない事もあります。そうなると収入は不安定になり、結局長続きしなくて風俗業を辞めてしまいます。統計では風俗で働いている女の子の2割前後は月収で20万円以下と言われています。

基本的に風俗で働くと、その日初めて会う人とエッチな行為をするのですが、相手の男性も女の子の容姿やスタイルが好みでないとリピート指名しないし、常連客も付きません。美人であったりスタイルが良い女性は指名本数も常連客も多い傾向にあります。世の中は不平等だとは思いますがこれが現実です。

自分の容姿やスタイルに自信がある女性であれば、もしかしたら風俗業だけで生計が成り立つかもしれません。自分にあまり自信が無い人はいきなり昼間の仕事を辞めて風俗業一本でいくのはリスクが高いと思います。昼間の仕事は続けてアルバイト感覚で風俗店で働く方が良いでしょう。結局はどんな世界でも同じで、美人や男性にもてる女性が有利になっているのが現実です。